包茎手術の金額の支払い方法の種類は?分割できる?

これから包茎手術をしようとしている場合、金額がどれぐらいになるか気になるところです。
一般的には、安いもので80,000円程度ですが高いものだと600,000円位かかることがあります。
もしこれらの金額を把握した上で包茎手術をするならば、支払い方法も同時に考えておいた方が良いでしょう。

支払い方法は、そのクリニックによって若干異なります。
例えば、30年以上前に開業したクリニックと5年以内に開業したクリニックでは支払い方法の選択肢が大きく異なるケースもあります。
そこで、一般的に利用できる支払い方法などを見ていきましょう。

一般的には現金払いが基本となっている

包茎手術をする場合の支払い方法ですが、一般的にはその金額を現金で払うことになっています。
これに関しては、特に疑問の余地は無いはずです。
現金で支払う場合、そのメリットを見ていくとクレジットカードなどを所有していない人でも利用できることです。
また、後になって請求額が確定し預金通帳からその分のお金を引かれるわけではないため、うっかり通帳の中にお金を入れ忘れて信販会社に対して支払いができなかったような事案も発生する事はありません。

カード払い等以外では、キャッシングで支払う場合も同様といえます。
キャッシングの支払いは、審判会社は介入しないものの数カ月後には返済しなければならず、金銭的な計画が不十分な人は払い忘れてしまうケースもあるでしょう。
これらの問題を一掃するのが現金払いといえます。

ただ、現金払いに問題がないわけではありません。
問題の1つは、財布を落とした時戻ってこない可能性があることです。
日本は性善説が主流となっている国のため、現金入りの財布を落としても誰かが拾って届けてくれるに違いないと考える人が多くいます。
しかし、すべての人が性善説で動いているわけではありません。
場合によっては、全く戻ってこないケースもあるため大きなお金の支払いの時に現金を使うとすればその分リスクを引き受けなければなりません。

クレジットカード払いのところも増えている

包茎手術において、クレジットカード払いのところも増えてきています。
包茎手術は、6桁以上のお金がかかるケースも少なくありません。
この場合やはり現金を持ち歩くのは危険なため、クレジットカードなどの現金以外の手段に頼ることになるでしょう。

クレジットカード払いの場合には、一括支払いをした方が利息がかからないため便利です。
一括支払いをすることで、その分のお金が通帳内になくてはいけませんがお金に余裕がある場合は一括支払いが1番損しないやり方と言えるかもしれません。

カード払いにすることにより、ポイントを貯めることも可能です。
これが、現金払いとの違いの1つと言えるでしょう。
ポイントは、使った金額が高ければ高いほど溜まっていきます。
つまり、金額に比例して溜まっていくわけです。
スーパーマーケットやコンビニで買い物を何回もするより、こういった包茎手術のようにある程度まとまったお金を支払う場合、気がつくとたくさんのポイントが溜まっているかもしれません。

クレジットカードを利用できるクリニックが増えていますが、すべてのクリニックで使えるわけではない点に注意をしましょう。
特に経営者が年配者の場合はクレジットカードに対応していないケースもあり、その場合は現金払いをしなければいけません。

ポイントなどを利用することもできる

最近は、お金と言う概念が少しずつ薄れてきています。
例えば、買い物をする場合も電子マネー等を利用すれば現金を1度も手にすることなく商品を手に入れることができるわけです。
またインターネット通販でも、クレジットカードを利用すれば1度も現金に触ることなく欲しい商品を手に入れることが可能です。
このように考えれば、現金よりもポイントや電子マネーになじみがある人の方が多くなっているともいえます。

では、包茎手術をする場合これらで金額を支払うことができるでしょうか。
この点に関しては、すべてのクリニックで適用されているわけでは無いものの、最近少しずつポイント払いや電子マネーの支払いができるところが増加傾向にあります。
このような支払い方法を増やすことで、気軽にクリニックを利用してくれる若いお客さんを取り込むことができます。
やはりポイントを利用する場合や電子マネーを利用する場合、ターゲット層はおのずと20代から30代になると言えるでしょう。

大きな支払いになる場合には、ポイントなどを利用すると全額支払えないケースがあります。
この場合には、不足分を現金で補うことも可能です。
ただし、クリニックによってはそのやり方ができない可能性もあるため注意が必要です。

まとめ

包茎手術をする場合、お金の支払い方法は様々あることを知っておくと良いです。
特に包茎手術は、1回あたり大きなお金が動くことになるため現金払いではリスクがあるケースも考えられます。
例えば、財布を落とした場合などがこれに当たるでしょう。

そのため、クレジットカード払いやポイントあるいは電子マネー等を利用した支払い方法が増えてきているわけです。
それぞれクリニックによって、支払い方法は微妙に異なるため事前に確認をしておいた方が良いかもしれません。
最近できたクリニックの場合は、比較的幅広い支払い方法が採用されています。